誕生日こそホテルで豪華なディナーを!鹿児島が誇る食材を味わって

年に一度の誕生日には、日頃口にしないような美味しいものを食べたいですよね。ホテルのレストランは非日常的な空間が広がっており、誕生日に最適なアニバーサリーコースを用意しているお店も少なくありません。また、ホテルの多くが交通アクセスに優れた立地にあるのも魅力です。

誕生日ディナーにおすすめのホテルレストランを集めてみたので、ぜひ参考にしてください。

多彩なコース料理からチョイスできる本格フレンチ

城山ホテル鹿児島の最上階に入るフランス料理レストランのル シエルでは、8,000~21,000円くらいまでのコースを、常時7種類ほど用意しています。鹿児島で育った黒毛和牛や黒豚、野菜、近海で獲れた魚介などを重点的に使用して、本格フレンチに仕立てます。

誕生日にぴったりのコースは、10,000円のアニバーサリーディナーコース。アニバーサリーケーキと記念撮影が、特別な日を演出してくれるでしょう。料理長の坂本和馬さんは、イタリア料理や洋食レストランなどでの修行経験を積み、ホテルやレストランなどで料理長を務めてきました。

2015年にFFCCフランス料理コンクール九州大会でファイナリストに残り、全国大会で4位に入賞したという実力派です。窓からは桜島や錦江湾が見渡せますが、ディナータイムは鹿児島市街地の夜景が楽しめるでしょう。

窓際に座れば、宙に浮いたような錯覚を覚えるかも。予約の際は、窓際を希望するのをおすすめします。駅から少し離れているので、鹿児島中央駅や天文館などから出ている無料シャトルバスを利用してはいかがでしょうか。

肉好きの人はグリル料理でお祝い!

肉に目がない人には、鹿児島ワシントンホテルプラザ16階に入るグリルステーキレストラン・ガスライトがおすすすめです。日没前は桜島や城山、錦江湾はもちろん、天気が良ければ薩摩富士や開聞岳まで見えるという、景色が自慢のレストランです。

こちらでは誕生日のお祝いにと、アニバーサリーディナーを用意しています。ネット予約で乾杯用スパークリングワインを付けてくれたり、デザートに希望のメッセージを入れて出してくれりするなどのサービスを提供中です。

また、花束の手配もしてくれるので、忙しい人は助かりますね。こちらで扱う牛肉は、アンガス牛と黒毛和牛です。アンガス牛は元々スコットランドのアンガス州とアバディーンシャイア州原産と言われていますが、現在はアメリカを始めとする世界各国で育成されています。

肉質が柔らかく、グリル料理にぴったりです。和牛よりリーズナブルな価格でいただけます。黒毛和牛は、日本で育成されている和牛のほとんどを占めます。珍しい品種ではないものの、高級なのは、食肉になるまで十分な時間が必要だからです。

特徴は、大理石と称されるほどの美しい霜降りです。脂肪の旨味が楽しめるでしょう。ホテルは中央駅から車で5分、市電の天文館通からは徒歩3分です。お酒を飲まずに運転する場合は、ホテル提携パーキングが2時間無料で利用できます。

日本人の舌に馴染むよう工夫したフレンチ

ソラリア西鉄ホテル鹿児島の7階に入るKUWAHARA Kanでは、和テイストのフレンチが楽しめます。鹿児島ならではの海の幸と山の幸をふんだんに取り入れ、フレンチの技法に日本料理の仕立てをプラス。和の心を盛り込んだお皿が運ばれてくるたびに感嘆の声を上げる女性は珍しくありません。

ディナーコースには、4,860~12,960円のコースを6種類ほど用意しています。その中の一つ、ラフィネコースには鹿児島近海で獲れたサザエや鯛を使用。鹿児島の鯛漁獲量は全国で上位に入ります。サザエはパートフィロという小麦の皮で包み焼き上げ旨味を閉じ込めた一皿に、鯛は白子と一緒にポワレして、ふっくらとした柔らかな身を堪能できる一皿に仕上げます。

相談次第では、誕生日用に特別コースを考えてもらうことも可能です。また、誕生日ホールケーキの注文もできます。テーブル席以外に、個室の用意もあるため、ゆっくりとプライベートな時間を過ごしたい人に最適です。個室からは夜景が楽しめ、桜島のシルエットも見えるでしょう。

アクセスは中央駅より徒歩3分となっており、交通利便性が良いです。

鹿児島自慢の食材を和ベースで味わう

地産地消に注力した和食ベースの料理が楽しめるのが、グランセレッソ鹿児島の13階に入る薩摩彩膳きずなです。和食にこだわらず、東南アジアや欧米各国の調理法も採用し、食材が持つ本来の旨味や香りを最大限に引き出します。

扱う肉は、鹿児島が誇る黒毛和牛や六白黒豚、黒さつま鶏などです。中でも鹿児島黒牛は、2017年のコンテストで日本一として太鼓判が押されました。契約畜産農家の新村畜産では、エサとなる稲わらも苗から育てるという品質への徹底振りが見られます。

こうしたこだわり畜産農家から仕入れた肉を使い、ハムやソーセージ、ベーコンは食品添加物無添加で作っています。添加物の味に影響されないため、肉の旨味そのものを味わえるでしょう。きずなでは特別なコース料理は用意していませんが、六白黒豚を堪能できるしゃぶしゃぶセットとアラカルトをオーダーするのがおすすめです。

色とりどりの野菜がセットになったしゃぶしゃぶやお造りは見た目麗しく、SNS映えすること間違いなし。グランセレッソ鹿児島は、2017年オープンの新しいホテルです。中央駅からは車で5分、市電高見馬場電停からは徒歩1分の立地です。

温泉に入って旬の食材に舌鼓を打つ

温泉旅館の妙見石原荘に入る食菜石蔵は、ディナーのみの利用も可能です。鹿児島で取れる四季折々の食材を取り入れた料理には、職人の心が反映されています。旬を逃さず、そのときにしか味わえない力や香りをそのまま味わえるよう、和の技法で調理。

それを日本の陶芸家が作った器に盛り付けます。全席半個室となっており、モダンかつレトロな内装は、とても落ち着ける空間に仕上がっています。特別な日をゆっくりと過ごせるでしょう。温泉旅館ゆえに、ランチがセットになった日帰り入浴も利用可能です。

5,940円か7,128円の籠ランチプランか、11,880円以上の本懐席プランが選べます。また、個室料理茶屋で食事を取ることも可能です。こちらは浴衣で寛げますし、お風呂上がりですっぴんが気になるという女性も安心です。

旅館は川沿いに建っており、露天風呂が3つと大浴場、足湯と、計5つのお風呂があります。川のせせらぎを聞き、小鳥のさえずりを聞きながら入る温泉は最高です。交通アクセスは、鹿児島空港や隼人駅から車で15分です。

時間があれば宿泊をおすすめします。