おすすめの鹿児島観光とホテルについて

魅力あふれる九州のなかでも鹿児島は、歴史と自然に彩られた地として人気がある観光地がたくさんあります。今回は鹿児島空港から近くて便利な霧島を紹介します。霧島は、自然を満喫する高原ドライブと効能豊かな温泉を楽しむことができると鹿児島県民や観光客にも人気の観光地です。

霧島神宮などの観光スポットの他にも、霧島観光の人気ホテルも紹介していくので、霧島旅行の参考にしてみてください。

神秘的ないで湯の里めぐりができる

霧島は標高1400m級の山が連なり、豊富な湯が沸く九州屈指の温泉郷として有名です。緑濃い山の中には情緒豊かな湯宿が点在し、なかには立ち寄り入浴ができる宿もあります。例えば、美容作用のある泥湯が人気のさくらさくら温泉です。

源泉から湯の華として湧き出る泥を使った天然泥パックは、いったん入浴後、顔や身体に塗って乾かしたあと、洗い流してまた湯に浸かります。これを繰り返すことで美肌作用が実感できます。温泉施設のほかにも、宿泊施設や食事処もあります。

また霧島観光は、点在する観光スポットをめぐるので、車を利用すると便利です。

神話の時代から国を守る古社

霧島の観光スポットとして、まず挙がるのが霧島神宮です。天孫降臨神話の主人公として知られているニニギノミコトを祭神として祀っています。国家安泰から家内安全までご利益があるという、6世紀創建の由緒ある神社です。

拝殿、弊殿、本殿のほか勅使殿を配した様式は南九州独自のもので、国の重要文化財に指定されています。また樹齢800年のご神木であるメアサ杉は高さ35m、幹まわり7、3mもあり迫力満点で、パワーを感じずにはいられません。詳細:鹿児島のホテル ... 鹿児島 東急REIホテル

さらに江戸時代後期の名工である岩永三五郎の手による手水舎は、石の竜が印象的で、霧島の湧水を引いています。他にも、長い年月をかけて小石が雨水で溶けて固まったさざれ石は、1987年に岐阜県揖斐川町から寄贈、奉納されました。

色鮮やかな朱色の社殿は、春の桜、秋の紅葉の時期はとくに美しく、見る者の心を揺り動かします。

神社周辺には七不思議が残るなど、まさに神秘的な雰囲気を醸し出すパワースポットです。また、霧島神宮の年3回の恒例行事として霧島九面太鼓は、多くの参拝客でにぎわうイベントです。元旦、紀元祭の2月11日、天孫降臨御神火の11月10日に勇壮な郷土芸能の霧島九面太鼓を奉納します。

霧島神宮近くの人気スポット

霧島神宮大鳥居の隣に立つ霧島民芸村は、霧島の四季の彩をテーマにした陶器の制作過程や屋久杉資料館の見学、陶芸体験ができます。年中無休ですが、陶芸体験は不定休なので、ご希望の方は事前に確認をしたほうがよさそうです。

また霧島神宮から車で約10分の所にある霧島神話の里公園は、スーパースライダーやドイツ発の遊具であるボッカールなど、新感覚のレジャーがいっぱいです。遊覧リフトからの絶景も見逃せません。他にも園内にはレストランや物産館なども併設されており、世代を問わず楽しむことができます。

園内で採れたブルーベリーを使った商品も要チェックです。

1日中楽しむことができる、まほろばの里

霧島高原まほろばの里は、グラススキーやゴーカート、パターゴルフなどの屋外スポーツ施設などが充実しており、1日中遊ぶことができるスポットです。夏休み期間に開園するカブトムシの森では、虫採り体験ができます。

また屋外スポーツ施設の他にも、陶器やガラス工芸の工房、4つの飲食施設があります。レストハウス1階にある焼き肉バーベキューガーデンは人気が高く、事前の予約がおすすめです。また日曜日と祝日には、ヘリコプターが運航しています。

所要時間は約10分で、天候によって運休もありますが、空から霧島屋久国立公園が眺められると人気です。受付は午前9時から午後4時までで、料金は一人5250円の定員4名となっています。

本場の黒酢を求めて

健康に気を使っている方におすすめのスポットが、坂本のくろず壺畑情報館とレストランです。霧島神宮駅から南へおよそ20kmに位置する福山町は、昔から黒酢の産地として有名です。なかでも、江戸時代からこの地に製造場を置く坂元醸造は、黒酢のトップメーカーとして知られています。

坂元のくろずは、蒸し米、米麹、地下水のみを原料に一年以上発酵、熟成させた純米黒酢で、農水省関連機関より本場の本物の認証を全国第一号で受けました。情報館の壺畑では、壺が並ぶ壮大な風景を眺めることができ、レストランも併設されています。

坂本龍馬も愛した温泉

幕末の動乱を駆け抜けた坂本龍馬が新婚旅行で霧島を訪れた際、湯治のために立ち寄ったとして有名なのが塩浸温泉です。滞在期間26日間のうち、18日間もココに滞在したと言われている、竜馬お気に入りの場所です。現在は公園として整備され、資料館や温泉のほか、新婚湯治碑などが建立されています。

自然あふれる癒しスポット

霧島神宮や温泉のほかにも、霧島には自然あふれる癒しスポットが点在しています。まずは、台明寺渓谷公園です。天降川の支流である郡田川沿いの渓谷にある公園で、自然が作り出した約500mの石畳の上を清らかな水がさらさらと流れ、毎年夏になるとたくさんの子供たちが水遊びを楽しむ光景が見られます。

吊り橋や水車などもあり、散策にももってこいです。次に、大出水の湧水をご紹介します。大きな木の根元から水面を押し出すようにこんこんと湧き出る湧水を見ることができます。霧島山麓の恵みをたっぷり受けた美しく生命力溢れる姿にパワーをもらいましょう。

湧水量は毎分約22t、水温は年間平均約15度で夏でもひんやりとしています。

霧島観光におすすめのホテル

これまで霧島観光の人気スポットを紹介してきましたが、旅の疲れを癒してくれるホテル選びも重要です。霧島観光におすすめのホテルとして人気なのが、その名も霧島観光ホテルです。錦江湾と桜島が一望できる展望大浴場、桜島の溶岩を使った霧乃溶岩露天風呂、貸切露天風呂、足湯などバラエティーに富んだ風呂で温泉三昧ができます。

紅葉のころの入浴が楽しみな、もみじの湯も魅力的です。また鹿児島県内の全蔵元の焼酎を揃える薩摩焼酎セラーがあり、お酒好きな人におすすめです。次に、ひと晩中利用できる風呂と自然に癒される、ホテル霧島キャッスルをご紹介します。

霧島山の中腹に建ち、すべての客室から桜島や錦江湾を見ることができます。大浴場、打たせ湯や泡湯、露天風呂ともにチェックインから翌日の9時半まで利用できます。樹木の間にある露天風呂は、ひときわ人気が高いです。